プロの歯医者さんもすすめるデンタルフロスの使い方

デンタルフロスの効果的な使い方

デンタルフロスを選ぶ際のポイントとは

歯医者さんで行われる定期検診を受けたことはあるでしょうか。
歯医者さんはマウスケアのプロ。
どんなお口の状態なのかを把握し、その状態をより良くするためのケア方法についてアドバイスをしてくれます。
そんな定期検診の中で、よく歯医者さんがオススメするのがデンタルフロスです。
デンタルフロスとは歯間の汚れを除去する糸状のものになります。
歯と歯の間にこのデンタルフロスを差し込み、何度か擦るとブラッシングでは取り切れなかった歯間の汚れや歯茎に潜むプラークを除去することができます。
食後にはブラッシングやマウスウオッシュを行っている等、日頃のケアを続けているという方でも落としきれなかった歯間の汚れというのはあるものです。
しかも恐ろしいことに気付かずに溜まってしまった歯間の汚れは、その後、虫歯の原因となる場合や歯周病、口臭の原因となるなど、残しておいて何一つ良いことはないのです。
とはいえ、問題は見えない歯間の汚れに気付かないことです。
そこで歯医者さんは毎日のブラッシングにデンタルフロスを活用することをオススメしているのです。
歯間に食べ物が挟まったと気づいている時だけでなく、普段のケアの際からデンタルフロスを使い続けることで、日頃から歯や歯茎、歯間の汚れをキレイに除去できます。
ただしデンタルフロスは使っていない、また使い方がよく分からないという声もよく聞こえてきます。
そこでこちらではデンタルフロスの選び方から、効果的な使い方、また使用の際の注意点など、デンタルフロスの基本についてご紹介します。

マウスケアのコツは隅々までキレイにすること

市販のデンタルフロスは様々な種類のものが販売されています。 どの商品を選ぶのかはご自身のお口の状態に合わせるのが一番です。 特に初めて使うという方にも、使いやすい工夫のされたデンタルフロスもあります。 そこでデンタルフロスの選び方についてご紹介しましょう。

初めてでも簡単にできるデンタルフロスの使い方

デンタルフロスの使い方は簡単です。 とはいえ、使い慣れていないとデンタルフロスの糸が歯に挟まってしまうのではないか、また強くこすって歯や歯茎を傷つけてしまうのではないかという心配も生じるでしょう。 まずは基本的なデンタルフロスの使い方を知ることが大切です。

デンタルフロスを使う際の注意点

デンタルフロスはいくつかの注意点があります。 効果的に利用できてこそ、歯医者さんが推奨するアイテムでもあるのです。 とくにお口の中は大変デリケートな場所でもあります。 そのデリケートな場所をキレイにするためのデンタルフロスが逆効果とならないよう、注意すべき点を把握しておきましょう。